Start content

SL化学が開く可能性の領域。優しさと強さこそSLソイルサンド舗装(湿式)工法の魅力です。

株式会社SL化学研究所は自社開発の「SLソイルサンド」自然に優しい土でさまざまな舗装を行う、土系舗装の会社です。

私達、SL化学研究所のスタッフは、地球にやさしく、また人にやさしくを合言葉に、身近にある土を素材とした、快適空間の創造を目指した、土舗装SLソイルサンド工法で公園、スポーツ施設、遺跡、神社仏閣に至るまで、あらゆる施設また全国で自然土舗装の実績を積んでまいりました。

ここ最近に至っては、各地域に発生する残土も利用できるゼロエミッション型土舗装工法で循環型社会の一役を担うべき地産土の固化にも取り組んでおります。
今後後世に安全かつ快適な、また人と自然とが共生できる環境創りに貢献してまいりたいと思います。

SLソイルサンド舗装工法の特長

SLソイルサンド舗装は現場残(土)や現地の(土)を使用しても施工できます。

SLソイルサンドは、真砂土を主体とし、セメント少量・顔料・SL-1900(土質改良剤)を添加し、水を適量加えてモルタル状に練り、土の特性を最大限に生かした、土の舗装用混合材です。SL-1900は無機系の特殊水溶液で、その働きは、土壌粒子を構成する無機成分の凝結を促進します。
その特性(流動性・吸水性・付着性・強度の加減等)を利用して、景観自然舗装、遺跡の保存、法面工事、河川の改修工事等、巾広く使用されています。
また、現場残土を使った土舗装の研究も進み、各現場残土に応じ、粒度調整をおこない、ゼロエミッションをめざした土舗装が可能になりました。

施工事例

全国の施工事例や、施工完了後の経年結果をご紹介いたします。

詳細を見る

SLソイルサンドとは

用途やSLソイルサンドの硬化機構、真砂土の品質特性をご案内いたします。また、Q&Aでご不明な点をご案内いたします。

詳細を見る

施工手順

SLソイルサンド舗装(湿式)工法の製造工程、および施工手順をご案内いたします。

詳細を見る

強度と色についてのこだわり

宮内庁・文化庁・国土交通省・環境省・各都道府県市町村及び(海外)韓国等、数々の採用施工実績を蓄積して参りました。

SL化学研究所では、今までに培ってまいりました経験と知識を広く皆様に提供することにより土系舗装業界の向上につながると考えて参りました。
高耐久強度の創造と確認により長い年月をかけて風化する美しい土系舗装が出来上がります。

  1. 山形県 – 山形市嶋遺跡公園
  2. 長野県 – 安曇野市歩道整備
  3. 広島県 – 安国寺参道
  4. 広島県 – 医王寺参道
  5. 兵庫県 – 浜坂白馬公園
  6. 鳥取県 – オオチ谷公園

    鳥取東照宮参道

  7. 岡山県 – 高松城址公園
  8. 岡山県 – 山田グリーンパーク
  9. 岡山県 – 操山公園遊歩道
  10. 岡山県 – 鷲羽山遊歩道

    国定公園

  11. 岡山県 – 玉島南ポンプ場公園

    倉敷市玉島図書館前

  12. 岡山県 – 倉敷市駐車場

    玉島郵便局北隣

  13. 宮城県 – 国営みちのく杜の湖畔公園

    国土交通省東北地方整備局

  14. 東京都 – 荒川右岸新田緑地 新田わくわく広場

    国土交通省関東地方整備局 荒川下流河川事務所

  15. 石川県 – 西外惣構跡復元整備

    金沢市枡形地点

  16. 岩手県 – 胆沢城跡整備

    国指定史跡

PAGE TOP