お知らせ/クローズアップ

極寒地における耐久調査研究

SLソイルサンド舗装試験施工(SL化学研究所)
試験施工の計画概要(配合を検討)
試験施工位置:岩手県岩手郡雫石町西根北妻地先
施工日:2018年11月4日 実施
森林中の東屋の前部分に下記舗装厚(①~④の内容)で試験施工の内容です。

自然豊かな山中のロケーション(試験施工研究には最適の場所です)

試験施工現場上空より岩手山方向

試験施工現場上空より雫石町方向

試験施工現場上空より盛岡市方向

試験施工現場上空より施工位置

追跡研究(1)

施工日:2018年11月4日 施工日撮影

追跡撮影日:2021年5月24日 撮影(2年6ヶ月経過)

追跡研究(2)

施工日:2018年11月4日 施工日撮影

追跡撮影日:2021年5月24日 撮影(2年6ヶ月経過)

追跡調査

追跡撮影日:2021年12月17日撮影 天候:雪(3年1ケ月経過)

① 舗装厚 3cm(B)


中心部部分にクラックのように見える若干の窪みを確認したがクラックではなかった。
全体を詳しく観察してみると東屋からおちる強い雨の跡と推察する。

② 舗装厚 3cm(A)


屋根から落ちる雨水のラインと舗装表面の線が合致する。

③ 舗装厚 5cm


屋根から落ちる雨のラインと舗装表面の線が合致するが舗装厚が厚くなる方につれて跡が薄くなっている。

④ 舗装厚 10cm


屋根から落ちる雨のラインと舗装表面の線が舗装厚10cmでは見えない。

雨水の影響と推察

近年の気候変動による強い雨が影響している可能性がある。

雨水の影響と推察(拡大)


舗装面は、3年経過したが著しい劣化やクラックなどはない。
舗装表面には地山の黒土による飛散で土が見受けられるが雑草の種子発芽等は一切ありません。

全体配置


調査は寒い雪の日ではあったが晴れ間を見て撮影した。
冬場は、なかなか入れる場所ではないので非常に運が良かった。
雪は1日違いで強烈に降り積もりますので東北の冬は厳しい環境です。

東北に降る雪の状景(参考動画)
東北は、動画の通りとても厳しい冬の12月になります。

追跡撮影日:2022年5月11日撮影 天候 曇り(3年6ケ月経過)

菜の花畑の奥には雄大な岩手山(試験施工現場近く雫石町からの景色)

全景 手前から①~奥は④

全景 手前から④~奥は①

①舗装厚3cm(B)

②舗装厚3cm(A)

③舗装厚5cm

④舗装厚10cm

2018年11月4日施工から4回の冬を越した状況です。

土系舗装としての耐久評価はそれぞれだと思いますが、実際の寒い環境で追跡調査することの意味をご理解いただけると幸いです。

これからも試験施工(追跡調査)について真摯に取り組んで参ります。

お問合せ先

株式会社 SL化学研究所

〒713-8112
岡山県倉敷市玉島陶5450番地

086-525-1101
086-525-1102

MAIL

施工状況はYouTubeで

自治体、導入ご検討のお客様へ

当社は、国土交通省新技術情報提供システムにて、「土舗装ゼロエミッション工法」で登録されております。

検索キーワード
「KKK-170006-A」で検索

国土交通省新技術情報提供システム
に直接ジャンプ

技術提案型販売協力企業募集

当社の工法技術(製品)について「提案したい方・購入したい方・販売したい方」は
お問い合わせください。

募集ご案内パンフレット

お問合せは、 086-525-1101

契約を結ばれますと、弊社の商品を卸値でご購入頂けます。

契約については弊社に御来社いただき、条件や商品技術などのご説明、また実際に商品などを見て頂きます。

契約内容については販売規模、商品により色々と分かれておりますので、その時にご相談させてください。

PAGE TOP